ガン検診について

そろそろ生活習慣病が出てくる年齢となりました。

 

生活習慣病でも最も怖いのはガンであります。眼は50歳を超えたあたりから急激に患者数が増えますから、50歳を超えた私にとってはやはり他人ごととは言えません。今の統計によれば日本人の二人に一人はガンにかかり、なくなる方の三人に一人はガンで亡くなるのですから、ガンは非常に身近な病気と言えるかもしれません。

 

ガンにならないように普段からの生活をだんだんわかいころとは変えていかなくてはいけませんが、いくら生活に気をつけていてもガンを予防する決め手はありません。いくつかの有効な方法もありますが、それをすれば100%大丈夫と言うことでもありません。

 

やはり、今時点ではガンはなるものと考えて、早期発見の為のガン検診を受けることが一番と考えます。早期に発見できればガンは今では恐れるものではなくなっているのですから。

 

健康のありがたさ

健康のありがたみというのは、健康なときには忘れがちになってしまうものです。好きなだけタバコも酒もやって、不摂生して、俺はやりたいようにやって好きなもの食べて死ぬんだなんて言っているおじさんだって、いざ本当に病にたおれると後悔して節制することがほとんどではないでしょうか。

 

健康のためには、予防が大切。早寝早起きの規則正しい生活・野菜中心の粗食・お酒は適量にで休肝日を設けて・運動不足を解消する。健康なときにはこれらを守ることは非常に難しいことですが、病気になればなぜあんな簡単なことをしてこなかったのかと後悔することでしょう。

 

すべて我慢しても二度と元気になれないなんて悲しいことのないように、健康なときこそ予防に努めましょう。

ガン検診について/健康食品で周りの人と差をつける関連ページ

睡眠時間と健康